靴下の編み図を作成しています🧦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

L’atelier de Hです。

日差しの気持ちいい季節ですが少し風が冷たくなってきましたね。

徐々に身に付けるものが増える、厚みを増す、といった感じでしょうか?

今年は「ラニーニャ現象」が発生するとことで寒い冬になりそう、、らしいです。

ニットを愛する私には(寒さは苦手ですが)嬉しい!

ちょっと前から少しずつ、靴下の編み図を作っています。

今回はどうしても使ってみたい糸があって。。。。

John Arbon Textiles Exmoor Sock
John Arbon Textiles Exmoor Sock

John Arbon Texile というイギリスのメーカーのソックヤーン。

ひょっとしたらご存知の方もいるかもしれませんが

ブーツソックス

靴下自体がここのメーカーで生産されていて日本でも売っていますね。

*これは私も最近知りました💦

John Arbon Textiles
John Arbon Textiles

以前、糸を購入した際、この本も一緒に購入。

こんな可愛いミニかせ(25g)もあるんですよ❤️

それはさておき、今回、こちらの糸を使用して編んだものがこちら・・・

GIngko Socsk
GIngko Socks

Gingko = 銀杏

色がまさにそんな感じ!
秋をものすごく感じます。

小さな透かし模様を入れて。

今回はかかとの形を少し、変えて立体的な物にしました。

履き心地、無茶苦茶いいです!

ソックヤーン(ウールとナイロンの混紡)ですがすごくウール感が強くて、
肌触りを言葉で表現すると・・・

モサっとした感じ

これでわかるかな?

Gingko Socks かかと

この靴下は爪先から編んでいくタイプです。

ちょうどかかとから足周り部分のつなぎ目のところに透かし模様が入ると穴がぽこっと開いちゃう💦💦

ここを綺麗にするのに少し、時間がかかりましたがなんとかクリア!

編み図を今、作っているところです。

キットも一緒に発売予定で糸の注文もしたのですがやはり、運送事情があまり良くないのか? そろそろ届いてもいい頃なのですがまだ届きません💦

糸が届き次第、販売の準備をしていきます。

予定としては11月の半ばまでには〜と思っています。

少しお時間をくださいね。

履いた感じ!

コメント

  1. 小林幸子 より:

    こんにちは😃
    とてもステキなソックスです♪ 楽しみに待ってます💕
    寒くなりましたので、お体に気をつけて下さい。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください