Addi の画期的な針〜クラッシートリオ Crasytrio 〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

編み針も様々なメーカー、種類がありどれが自分に適しているかはなかなか決められないもの…

特に手袋や靴下などの小物を編む時は通常は短い棒針4〜5本針で編むのが一般的ですね。

又は「マジックループ」という80cmの長い輪針を使って編む方法もあります。

私はほとんどこのマジックループの技法で編んでいます。

80cmの輪針は万能でこのマジックループもしかり、ウェア物を編むこともできるのでとても重宝します。

ここ最近では小物を編む為の20〜23cmの長さの輪針も発売されていますね。

例えばこれ。

近畿編み針さんの輪針22cm

近畿編み針さんの23cmの非対称針。

こちらは針の長さを変えることで編みやすくしたもののようです。

Addiからも発売されています。

で、本題^_^

これまで紹介してきた輪針とは全く違う針がAddiから発売されています。

Addi Crasytrio〜クラッシートリオ〜

3本1組で編んでいきます。

長さがそれぞれ21cm、針先が尖っている方で編んでいきます。

編み目は2本の針に留まり、3本目の針で編み進めていきます。

針先が柔軟なコード接続されているので、
どのような動きにも対応できて非常に細かいパターンでもストレスなく編むことができます♪

ソックス編み用として開発されましたが、もちろんアームウォーマーや袖口を編む時などにも使えます。

使い方はこちらの動画で確認ができますよ。

ドイツ語ですが映像だけで充分理解ができると思います。

こちらの針は教室でも販売しています。

さらに!

竹製が発売されましたよー\(^^)/

Addi Crasytrio Bamboo 🍀

こちらは23cmと少し長めですが基本的には小物を編む為の針と思っていいでしょう!

こちらは2.5mmと3.0mmが入荷いたしました🤗

使い心地がどのようなものなのか今から楽しみです。

まだほとんど日本の入荷はないようなので試してみたい方はレッスンにお越しくださいね♪

今現在靴下のキットを販売中🧦

キットの内容は こちら

こちらと一緒にこの「Crasytrio〜クラッシートリオ〜」も購入可能です♪

基本的な棒針の編み方(表編み、裏編み)ができる方なら大丈夫🙆‍♀️

かかとを編むには少しテクニックが必要ですがご指導いたしますのでご安心くださいね🤗

レッスンの予約は こちら

お問い合わせは こちら


HOME

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください